【保育士転職】家賃補助(住宅手当)・社宅・寮のメリット・デメリットは?

【保育士転職】家賃補助(住宅手当)・社宅・寮のメリット・デメリットは?
保育士メグ

こんにちは!メグです。都内で保育士をしています。

突然ですがあなたは今、

こんな悩みありませんか?
  • 「保育士求人に掲載されている住宅手当の違いがわからない」
  • 「1人暮らしを考えているけど、どの住宅手当を受けるとお得なんだろう?」

と悩んではいませんか?

この記事では、家賃補助などの「住宅手当系のメリット・デメリット」を解説していきたいと思います。

※掲載している情報は2018年12月現在のものです。

 

「住宅手当」は家賃補助や社宅などさまざまな種類がある

「住宅手当」は家賃補助や社宅などさまざまな種類がある

「保育士の給料は安くて待遇が悪い」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし最近では、都市部の待機児童の増加や保育士不足の問題から、「少しでも待遇を改善し、保育士が働きたいと思える環境を作ろう!」ということで、家賃補助などの住宅手当を導入する自治体や保育園が増えました。

このような制度をうまく利用することで家賃を安く抑えることができるため、毎月自由に使えるお金が増えたり、貯蓄をすることも十分可能!他の職種にはあまりない、保育士の大きなメリット。

住宅・転居系の補助は主に以下の5つ。

5つの住宅手当
  1. 家賃補助
  2. 借上げ社宅
  3. 社員寮
  4. 入居時の引越し代・家具購入代
  5. 初期費用の負担(敷金・礼金・更新料・仲介手数料など)
保育士メグ

保育園によっては、すべての住宅手当が用意されているところもあるし、「借上げ社宅のみ」など一部しか利用できない園もあります。

補助金額も園によって異なるので、就職・転職時には必ず求人票を確認し、自分の状況に合わせて利用する制度を決めるといいですね。

それではさっそく、それぞれのメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

①家賃補助とは?メリットとデメリットを解説

家賃補助とは?メリットとデメリットを解説

家賃補助とは、「個人(社員)で契約や購入している物件」に住んでいる場合に支給される手当です。
自由に物件を決められるのがメリットですが、6~8万の東京の単身家賃に対して、「1~4万円の家賃補助」が相場なので、借上げ社宅制度よりも自己負担金が高くなりがち。(家賃補助が80,000円の求人もあります)

「敷金・礼金・更新料・仲介手数料」などの初期費用も自己負担の場合が多いです。

ただ、マンションや一軒家などの「持ち家」に対しても給付されたり、退職時に転居する必要がない、プライバシーが保たれる等のメリットもたくさんあります。

契約居住する本人
相場10,000~40,000円(法人から支給される金額)
メリット
  • 自分で物件を自由に選べる
  • 物件探しのサポートをしてくれる法人もある
  • 退職時に転居しなくていい
  • 期間が決められていない
デメリット
  • 借上げ社宅制度よりも金額の負担が大きい
  • 敷金・礼金・更新料は自己負担の場合が多い
  • 世帯主である場合のみ支給される
  • 課税対象になるため支払う社会保険料が増える(園による)
保育士メグ

家賃補助は課税対象になるため、「所得税」や「住民税」などの社会保険料が上がるということを理解しておきましょう。

将来もらえる年金額は増えますが、月々の手取り額が少なくなるので「知らなかった!」ということがないように面接でも確認するといいですね。

家賃補助があるオススメの保育園は?

家賃補助があるオススメの保育園

東京・神奈川・愛知に展開されている「キッズガーデン」は、業界トップクラスの給料の保育園です。

残業が少ないのが魅力の保育園ですが、福利厚生も充実しており、「家賃補助」が最大月80,000円とこちらもトップクラス。一都三県以外からの転職者には50,000円の引越し代も支給されます。

保育プログラムも研修も充実しているオススメの保育園です。

【保育士求人】キッズガーデンの評判・給与・特徴を徹底解説!

【保育士求人】キッズガーデンの評判・給与・選考を徹底解説!

2018年10月18日

②借上げ社宅制度とは?メリットとデメリットを解説

借上げ社宅制度とは?メリットとデメリットを解説

節税にもなるため「借上げ社宅制度」を設けている法人が多く、首都圏の保育士求人では一般的な住宅支援です。社員の自己負担は「月0円~30,000円」が相場。
「敷金・礼金・更新料」は法人負担の場合が多く、メリットが沢山ありますが、退職とともに引っ越す必要があるというのが最大のデメリットです。

物件は法人が保有している部屋に入居する場合もあれば、社員が自由に選んだ物件に入居できる法人もあります。

住みたい物件やこだわりがあれば、面接時に確認するのがオススメ。

契約法人
相場0~30,000円(居住する本人の自己負担額)
メリット
  • 自分で物件を選んで法人が契約・法人が所有している物件に入居する2つのパターンがある
  • 初期費用・更新料などは法人負担の場合が多い
デメリット
  • 退職時に退去する必要がある
  • 物件が選べない可能性がある
  • 「単身者のみ」など入居条件がある場合も
  • 「家賃補助」との併用不可
  • 園によって利用年数が決められている
保育士メグ

「借上げ社宅制度」の初期費用は法人負担の場合が多く、不動産会社と法人が契約するので手続きも楽です。

借上げ社宅があるオススメの保育園は?

借上げ社宅があるオススメの保育園

首都圏を中心に展開されている「太陽の子保育園」は、業界トップクラスの年間休日と待遇を誇るオススメの保育園です。

「借上げ社宅」は92,000円の物件を自分で選ぶことができて(一部エリアは112,000円まで)、「敷金・礼金・更新料・仲介手数料・引越し費用」はすべて会社が負担してくれるなど、住宅サポートも業界トップクラス。

他にも「3~5ヶ月分」の賞与や、福利厚生の充実など魅力満載の保育園です。

【保育士求人】太陽の子保育園の評判・給与・特徴を徹底解説!

【保育士求人】太陽の子保育園の評判・給与・選考を徹底解説!

2018年10月13日

③社員寮とは?メリットとデメリットを解説

社員寮とは?メリットとデメリットを解説

社員寮がある保育園はあまり多くありませんが、複数の園を運営する法人は保有している可能性があります。

社員寮は家賃が安くて食費や光熱費込のところが多いので、「借上げ社宅」を利用したり「家賃補助」を受けるよりも安く生活できる可能性が高いです。他の園の知り合いを作ったり、食事が提供される園もあるので、地方から上京したばかりの方にはオススメ。

契約法人が契約(所有)している寮に入居
相場10,000~20,000円(光熱費込や食事付きのところも)
メリット
  • 自己負担額が少ない
  • 地方出身の人も多く友達を作りやすい
  • 寮監・寮母が常住していて安心感がある(いない場合もある)
  • 食事つきの寮もある
デメリット
  • 個人で住むよりプライベートな空間は少なめ
  • 先輩や同僚が同じ寮に住んでいる場合、職場以外でも顔を合わせることになる

社員寮があるオススメの保育園は?

社員寮があるオススメの保育園は

「学校法人 三幸学園」が運営するぽけっとランド保育園は、「借上げ社宅制度」は設けていませんが、月40,000円の「家賃補助」や、自己負担10,000円で入居できる「社員寮」を用意しています。

社員寮には寮母さんが駐在しており、食事も提供されるので、はじめて実家を出る方や上京者にオススメ。家具家電も完備されています。

【保育士求人】ぽけっとランド保育園の評判・給与・選考を徹底解説!

【保育士求人】ぽけっとランド保育園の評判・給与・選考を徹底解説!

2018年11月19日

④その他の住宅手当

その他の家賃補助(住宅手当)

「家賃補助・借上げ社宅・社員寮」のほかにも、下記のような住宅補助もあります。

住宅サポート相場
引越し代50,000~300,000円
初期費用補助なし~全額法人負担

首都圏以外から転職してくる場合は、「引越し代支給」や「初期費用の全額負担」をしてくれる法人が多いです。また、引越し代のほかにも「上京支度金・家具購入代」などと掲載されている場合もあるので要チェック。

もちろん首都圏に住んでいても、住居サポートを受けられる場合もあるので、「保育ひろば」などの求人サイトに登録をして、希望条件の合った求人をコンサルタントに紹介してもらうといいですね。

家賃補助などの住宅手当の注意点は?

家賃補助(住宅手当)の注意点は

家賃補助(住宅手当)をうまく利用すると毎月自由に使えるお金が増えるので、利用できる住宅支援があればすべて利用していただきたいのですが、1つだけ注意点があります。

それは「早期退職」です。

条件を定めていない保育園も多いですが、中には1.2年で退職すると返済しなければならない求人もあります。

家賃補助(住宅手当)の注意点
  • 1年以内に退職した場合は初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)を返済していただきます
  • 2年以上勤務したら上京支援金(引っ越し費用)の返済を免除しますなど
保育士メグ

もちろんきちんと返済すれば円満に退職することができますが、条件付きの保育園もあるので、こちらも応募する前に確認すると安心ですね。

当サイトがオススメする保育園は?

別記事ですが、上京支援や社宅制度が充実している保育園をまとめたので、よろしければ合わせてご覧ください。

東京で働きたい保育士応援!上京サポートが充実している保育園○選

東京で働きたい保育士応援!上京サポートが充実している保育園8選

2018年12月1日

求人サイトで評判をチェック

たくさんある保育園求人の中で、自分の希望条件に合う園を探すのは大変ですよね。

そんなときに便利なのが「保育士求人サイト」です。担当のコンサルタントがあなたの希望条件に合う求人をピックアップしてくれます。

また、園見学や面接では聞きづらいことを代わりに確認してくれたり、年収のや勤務の条件交渉も。

保育ひろば

全国各地の求人を取り扱う保育ひろばは、業界トップクラスの求人数でサポート体制も万全。オススメの求人サイトです。

転職に失敗しないためにも、こうしたサイトを利用して評判をチェックすると安心ですね。